地球温暖化防止への関心

地球温暖化によって様々な影響を受けています。便利な生活と引き換えに地球が病んでいます。国や企業や自治体が行動し始めています。いつから、何故地球温暖化が起こってしまったのか、鳥インフルエンザの拡大や熱帯の伝染病の北上、海流の蛇行など他にもどんな影響が出るのかを、また私たちに出来ることも考えて行きましょう。

スポンサードリンク

地球温暖化の歴史

最近ではあまり聞きなれないですすが、地球の気温変化に関しては1980年代前半までは、地球寒冷化と言われていました。

しかし地球寒冷化は根拠が乏しく、数々の学者が科学的に調査するうちに地球温暖化となっている事が判明したのです。 一般人の間でも地球寒冷化の説が広まっていましたが、1988年アメリカ上院公聴会で、「近年の暑い気象は、地球温暖化と関係していることが正しい」と発言された事により、地球温暖化が世間一般に広がり始めました。

国際政治の場面においても、1992年6月に開催された地球サミット(国際連合会議)において、気候変動枠組条約が採択されて以後、定期的な会合の場が設定される事になりました。 気象観測技術や研究が進むにつれ、地球が温暖化に向かっており、人類が排出する温室効果ガスが重要な悪影響を及ぼしている事が世界中で合意されていきました。

この合意は2001年の第3次評価報告書、2007年の第4次評価報告書等により集約され、現在では地球温暖化提起から約20年の月日が経っていますが、国際的な対策、対応は必要不可欠なものと認識されています。 地球温暖化の主な原因である温室効果ガスの削減義務として、京都議定書が世界的に最も大きな規模のものになります。

1990年代から京都議定書の目標達成に向け様々な国で温室効果ガスの削減の対応が行われてきました。 しかし、欧州各国での削減は順調に進んでいますが、日本では削減義務の数値が目標に対し未達成となっています。

地球温暖化の問題

地球温暖化の原因は、私たち人間のさまざまな活動から起こる問題で、地球規模のものです。今問題となっている地球の温暖化は、人間の生活や産業の発展の結果として起こっています。地球温暖化は他の環境問題とも非常に関係が深く、このまま温暖化が進めば、気温や水温、降水量やパターンが変化し、高温多湿の地域にある熱帯林や砂漠周辺の乾燥地の生態系、海の生態系などにも影響が及ぶと言われています。

そうなれば、地域独特の生態系があってこそ保たれてきた生物の多様性も失なわれてしまいます。また、地球温暖化の原因となる物質には、オゾン層の破壊の原因物質と同じ物があり、他の環境問題も同時進行し、より一層深刻な問題となっています。

21世紀の現在、産業革命以来の人間活動によって温室効果ガスが増大の一途と辿っています。それ故、温室効果が急速に強まっているの約10年前から永久凍土が溶け始め、凍土に埋まっていたはずのマンモスが今まで生きていたような状態で出てきています。 

また、チベットの町から数キロ離れた氷河湖が氷河の後退に伴って溶け始め、それにより近い将来チベットが大洪水に見舞われるという予測がなされ、チベット政府は、その対応に苦慮しています。そして、北半球では、積雪量の減少(過去の10%減)も大きな変化です。このように、大変な変化が急激に進んでいる事がわっています。

地球温暖化の解決策

地球温暖化の解決策は技術面では各種エネルギー源の効率改善、小規模分散型エネルギー源の導入、再生可能エネルギーの普及、原子力発電の活用、電化などの有効性が指摘されています。ただ個々の対策にはおのおの特有の限界もあるので、エネルギー供給システム全体で考えていくことが必要と指摘する報告もあります。

長期的な観点では核融合エネルギーや高速増殖炉、宇宙太陽光発電などへの期待も一部で指摘されていますが、今後10〜30年間に大量普及する見込みは現時点ではありません。 低電力消費の製品の普及や設備更新、電力・エネルギー消費が少ない経済システムへの転換、不要なエネルギー消費の削減、省資源等の省エネルギーも手段の一つです。

廃棄物発電や廃棄物の熱利用 や再利用も案に挙がっています。炭素吸収量の増加の面では、植林を始め、森林伐採量の抑制、灌漑、水資源の適切な管理、休耕地の積極的な利用、二酸化炭素吸収の多い作物への転換、自然植生の保護、砂漠緑化、海藻栽培、単細胞藻類の利用などが挙げられています。

生活様式 に関して民間レベルでの活動の中で節電、節水等も一定の効果を持つとされます。 尚、地球温暖化の解決又は緩和のための費用は、想定される被害規模に比して桁違いに少なくできると予測されているます。早急に処置を行わなければ被害額や解決の為のコストが増えると指摘されています。

ちなみに、大気中の二酸化炭素濃度を550ppmで安定化させるための費用を世界のGDPの1%程度と見積もる報告があります。

地球温暖化と日常生活

地球温暖化を日常生活で見直しすると。節電を考えることになります。まず、オール電化で太陽光を利用することによって、電力会社(電気を作るときには火力発電などでCO2が発生)からの供給を少なくすること(深夜電力使用など)や、ガスを使わないことで、CO2そのものの発生をなくす方法があります。

関西電力試算では、オール電化により、月平均6000円電気料が安くなるそうです。他方、CO2を出さない生活は、家庭内での不完全燃焼による一酸化中毒の危険性が少なくなることを意味します。
オール電化以外の方法としては、エコキュートがあります。空気の熱を使うことにより、通常使う電気の3倍以上のもの熱エネルギーでお湯を沸かすことができます。これによりCO2の排出が大幅に少なくなります。その他のヒートポンプ式の電化製品は、ヒートポンプエアコンや、ヒートポンプ冷蔵庫などがあり、CO2削減に大きく貢献します。

地球温暖化を進めないためには、CO2の出ない物への転換がポイントになります。日常生活においてCO2の発生を少なくすることへの関心をもっと持っていきたいと思っています。

地球温暖化防止の取り組み

地球温暖化を防止する為の国や企業の取り組みは、どのようなものがあるのでしょうか。そもそも、人類が発展するのにCO2の発生は、それに伴い増加してきました。石炭、石油など、化石燃料が必要不可欠だったので、石油からいろんなものを生み出し(プラスチックなど)使うことによって膨大なCO2が排出されてきました。そして他方では、森林伐採、環境破壊による、CO2を吸収し酸素を放出する自然界のバランスを壊してきました。一つだけが原因でなく、悪い循環が強くなってきています。北極海の氷河は夏にはある程度融け、そして、冬にはまた氷河が成長する循環がありましたが、現在は、夏に全部融けてしまうのではないかと言うほどになっています。そうなると、海流がなくなり、海は流れを失い、海底が死んでしまいます。海の生命も死んでしまいます。そして、熱帯に発生していた伝染病なども、蚊の生息地域が北上しだすと、人間が多く住んでいる地域にまで広がります。温暖化は様々なとてつもなく大きな悪い影響を作ってしまうのです。発展途上国などでは、安価な石炭を使っています。CO2削減よりも、日々の生活が優先されます。日本もその時期を経験しています。その援助も必要でしょう。
日本においては企業の取り組みとして最近もっとも力を入れているものの一つに、車のハイブリット化が挙げられます。ガソリンとモーター、開発途中の、水素と燃料電池、などガソリンに頼らない車の開発が他の国々より一歩進んでいます。そして、森林の国、日本。森林の間伐をしっかりすることに力を入れ、林業に携わる人の養成それにより、森林がもつCO2の吸収力、酸素の放出力を高めることを始めています。漁業や林業、農業、最近では医療施設などで働く人が不足しています。偏っているのかも知れません。国の制度だけでなく、日常生活や、認識も養っていきたいと
思っています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。